Top > ニッポンせいちょう時代

ニッポンせいちょう時代

Last-modified: 2016-08-10 (水) 14:33:18

クリア条件「支持率を100%にする」
ボーナスマップの条件は人口60000人以上にする
エクセレントマップ条件は「教育レベルが60を超え、健康レベルが50を超える」
又は人口70000人にする


支持率の上げ方
 シムシティクラシック等とは異なり、人口に比例して増加するのでバランスよく開発すれば良い。
 なお、途中で発生するクイズはデメリットなしなので挑戦すること(3回まで)。
 3問とも正解すれば一度に10%アップと非常に楽になる。


建てられるようになるもの
 発電所・電線
   (電気が供給されないとあっという間に建物点滅→スラム街=廃墟になります
    ただし発電所を立てたところは一気に汚染が進むので注意)
 中規模建築物(住居・商業・工業とも)
 鉄道・線路(セットで)
 貯水塔
   (水が供給されているかどうかは、建築の「?」ボタンでその部分をチェックすると分かります。
    点滅してる場合は近くに新しく建ててあげてください)
 噴水・小さな公園・大きな公園
 ゴミ焼却場
 世界体育大会(資金$20,000以上ある状態で支持率74%超えすると発生)
   (国際競技場(5x5)を$20,000で設置できる。翌年、世界体育大会開催。商業が活発になるとのこと)
 動物園(教育レベル40)
 図書館(教育レベル40)
 空港(教育レベル45)
 造船所



このマップで頻発する災害「台風」
・日本MAPは左側(左下寄り中央)から右側(右上寄り)に移動するパターンのが多いようです。
 右下から左上に向かって台風来ることもあります。
・水場が出来た場合は「除去」でなく「埋め立て」で整地する。
 埋め立ては費用が高いので序盤は資金の減りに注意。



ヒント
・「ヨーロッパげいじゅつ」と同じく、教育レベルをあげるのに苦労する。
 特に、動物園、図書館、空港は教育が高くならないと出現せず、ギャラリーコンプが難しい。
 学校を建てまくり、それに合わせて人口もどんどん上げること。
 図書館が出たあとは学校を潰して図書館を建てまくれば教育がガンガン上がっていきます。
・「現代おんだんか時代」への移行前に、重税を課して人口を絞っておくと「現代」のクリアが楽になる。
 ただし人口8万人以上程度にした上で実行しないと、以降後に資金を確保できなくなるので注意。
・教育レベルを上げる時は、住宅を建てた時点で子供シムが学校に通うことを利用するとよい。
 ほうっておくと教育レベルが下がるのは、シムが学校を卒業するからだと思われる。
 住宅を建てなおせば新たなシム家族が引っ越してくるため、教育レベルが上がる。
・病院の機能を停止しても教育レベルが上がる。原因は不明。
 ↑病院がなくなると平均年齢が下がる→子供が増える→
   学校へ行く人が増える→結果教育レベルが増える ってことじゃないのか?